男性

空き巣被害を根絶|警部会社と契約をするメリットを紹介

警備の種類

防犯カメラ

種類によって業務が変わる

警備会社はビルや施設などの警備から、交通誘導など数多くの業務を行っており、法律に基づいて1号業務から4号業務まで業務形態が分けられています。1号業務では警備会社が利用者の住宅や施設を警備して、未然に事故や犯罪を防ぐ業務を行っています。施設警備には常駐警備と巡回警備、機械警備の3種類があり、常駐警備はビルやショッピングセンターなどに警備員が常駐して、来訪者の管理を行います。巡回警備では警備会社の警備員が施設に常駐する事はありませんが、定期的に自動車や徒歩で施設内を巡回して安全を守ります。機械警備では防犯カメラやセンサーなどを住宅や施設に設置して、不審者が侵入したときに警備会社から警備員が駆けつけます。ホームセキュリティでは一般的に機械警備が行われており、警備会社を利用する時には、住宅に赤外線センサーや防犯カメラを取り付けます。2号業務は交通誘導を行う業務で、イベントや工事現場などで通行する人の危険がないように誘導します。イベントなどの大勢の人が集まる場所では、歩行者の流れによって予期せぬ事故が起きやすいため、警備員によって歩行者の流れを適切に作ります。3号業務では現金や美術品など貴重な品物を輸送するときに、警備会社によって盗難や事故の警戒にあたります。輸送警備では貴重品が出入りする時だけ警備するケースと、輸送中は常に警備するケースの2種類に分かれています。4号業務は警備会社によるボディーガードの事で、依頼者に危害を加えようとする人や組織に対して警備を行います。